動脈硬化はストレスも関係している

成人病の1つで動脈硬化があります。動脈硬化は、動脈が硬くなることで血液がスムーズに流れなくなりなり最悪な場合心筋梗塞や心不全を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。今の時代ストレスを抱えている方も多いと思いますが、ストレスを解消するためについつい飲酒をしてしまいます。

アルコールの取りすぎは、身体に悪いとわかっていても付き合いとかが続くと飲みすぎてしまうということがあります。ある程度の飲酒ならかまいませんが飲酒の取りすぎは健康に悪いので控えるようにしたがいいです。

また動脈硬化は自覚症状がないので、徐々に進行していくため沈黙の殺人者ともいわれています。運動不足による肥満は、特に悪化させてしまう可能性もあるので、毎日の食生活も見直しながら体調管理に気を配ったがいいでしょう。

動脈硬化をそのまま放置しておくと、いつ血栓ができてもおかしくない状態になるので毎日血圧を計ったり暴飲暴食は控えるようにして生活習慣を見直しましょう。

 

寒天のかさ増しダイエットはメタボに効果的

脂っこい食べ物を普段から採る人は、コレステロール値が増加し、内臓脂肪が増えてきます。いわゆるメタボという状態です。この状態を改善するには、脂分の摂取を控える必要があります。

脂肪の吸収を抑えるトクホ食品やhttp://内蔵脂肪サプリ比較.xyz/をする情報がありますが、そのような方法をふせておすすめなのが寒天を食事に取り入れることです。

寒天を利用した、かさ増しダイエットです。カサ増しダイエットは、寒天を使って料理のカサを増やすダイエット方法です。寒天はカロリーが低い割りに多くの満腹感を得ることができるので、寒天を料理に混ぜることで、ダイエットの役に立ちます。

この方法は芸能人にも取り入れる人が多く、ブログやツイッターなどでも紹介されるのでご存知の方も多いでしょう。寒天にはカロリーがほとんど無いこと、適度な満腹感が得られることのほかに、糖質や脂肪の吸収を緩める働きがあります。

その上、普段の食事に寒天繊維を6グラムていど入れるだけという、とても簡単な方法なので、実践しやすいのが特徴です。寒天によるカサ増しダイエットを利用して、コレステロール値を下げましょう。

 

コレステロール値改善のためのヒント

健康診断の血液検査で、コレステロール値や中性脂肪の値が高いと指摘された場合には、健康長寿を目指すためにも、自分の生活スタイルを見つめ直すことが大切です。コレステロール値が高いと、虚血性心疾患による死亡率が高まる傾向がみられます。日頃の生活で予防策を取るように心掛けて下さい。

良質な蛋白質やカルシウムを含み、身体に良いイメージの乳製品を摂取する際にも、バターや生クリームには注意が必要です。バターや生クリームは、牛乳の脂肪分を集めて作られています。

コレステロール値を下げたい場合には、摂取量を減らすようにして下さい。生クリームを選ぶ際には、脂肪分が何パーセントかに注目し、低脂肪タイプを選ぶのがおすすめです。バターや生クリームをたっぷり使ったケーキは、誕生日など特別な日にたまに食べるのは構いませんが、日常的に食べるのは避けましょう。

何気なく口にしていた食べ物の構造や成分にも関心を持ち、選択の仕方に工夫をすることで、生き生きとした健康な生活を送れるようにして下さい。